マンション経営のリスク

高層マンションがおすすめな理由

空き部屋のリスク

空き部屋ができてしまうことは、マンション経営で一番発生しやすいリスクであり、最も現役に繋がるリスクです。

しかし、このリスクをなるべく少なくするほうがあります。

それは、「都心などの需要が高い、人気なマンションを購入する」ということです。

地方にお住まいの方で、よく「自分が行ける範囲のマンションがいい」という声を聞きます。

確かに遠く離れた場所でマンションを持つということに不安を感じるかとは思います。

ですが、マンションの購入は投資です。入居者がいなかれば意味がありません。

そういった点から、なるべく都心などの大型都市をお勧め致します。

マンションの老朽化

ローンを組み、自分の資産以上にレバレッジを効かせ最大35年の運用計画を立てる方がよくいらっしゃいます。

やはり、数十年の運用となるので、マンションの耐久性などに不安を抱く方が多くいらっしゃいます。

 

日本では地震や台風など様々な理由により、諸外国よりも住宅の寿命が短いと言われております。

ゆえに漠然と耐久性や寿命などに不安を抱えていらっしゃる方が多いように見受けますが、

むしろ、日本の高レベルな建築技術により、安心して運用が可能です。

その根拠は法定耐用年数というものが法律で定められているからです。

 

法定耐用年数とは、法律で定められている耐用年数です。

建物だけではなく自動車などにも定められており、

鉄筋コンクリートのマンションの耐用年数はなんと47年です。

普通自動車が6年であり、実際には平均約12年使用できることから、この47年は安全なマージンを取って設定されていることがわかります。

数十年の運用でも安心していただけるかと思います。

金利の変化

ワンルームマンションの投資における利回りは他の投資商品と比べて高いものが多いので、

ローンの金利が上昇した場合でも、収益が確保できるケースが多いです。

実際に金利が上昇したも含めてシュミレーションをすれば、金利の上昇にも落ち着いて対応できるでしょう。

Related Projects

Back to Top
Enter your Infotext or Widgets here...